【モテない男性必見】今の自分よりも7倍増しでかっこよくなる方法

モテるためにはテクニックよりマインドが大切。

テクニックなんかマインドがしっかり備わればいくらでもついて来る。外見的要素も大事だけど、内面的な要素『感情的価値』のほうが重要。

何を言われようが『結局は顔だろ』『スト値!スト値!』なんて言う人がいる。

容姿をある程度改善して足切りラインを超えれれば後は内面的要素を磨くしかない。

容姿を磨くことで自分のセルフイメージが高まり自信に繋がる。これはめちゃくちゃ重要。

自分を好きにならないと相手のことを好きになる資格もないし、外見改造は必須だ。

今回は髪型改善の大切さとダイエットの重要さについて書いていきたい。

モテない男は髪型と体型に全く気を使っていない事実

僕自身もそうだったしモテてない非モテの人を見ててよくあるのが、髪型、体型が終わっている。以下の画像は自分が童貞で死ぬほどモテなかったときのもの。

そもそもブサイクだし髪型を整えたところでモテるわけがない。無意味。そう思っていたし、体系も引きこもりニートで運動が大っ嫌い。人生のどん底だった。

モテないと嘆く人の多くが「髪型が最高にダサい」ということだ。

そして、スーパーぼっさぼさな眉毛をしている。

髪型を変えることを恥ずかしいとまで思っていた。モテたいのに、モテようとすることはダサいと思っていた。

『モテようとしてる』『色気図いてる』周りからのそういう声が怖かったしなかなか一歩を踏み出せなかった。

変わるために行動を変えた

僕は人生を変えるために美容室に行った。いっつも千円カットでソフトモヒカン。髪を伸ばしたくても天パでアフロみたいになるからだ。

思い切ってツーブロックで後ろのほうまで刈り上げた。ジェルを付けるとパーマっぽくなった。割と気に入った。眉毛も整えてもらった。

はじめて自分のことを好きになれた瞬間だった。

学校に行くとスゲー褒められた。正直、髪型を変えた後学校に行くのがとても恥ずかしかった。『ブサイクがカッコつけてる』っていじめられると思ったから。

小学校、中学校のいじめのしこりが何歳になっても残り続けていた。どこかで自分のことが嫌いだったが初めて自分のことが好きになれた。

筋トレを開始

美容師に行ってから肉体改造を始めた。週4で下半身と上半身に分けててジムに通った。プロテインも買った。

ランニングなんかせずに筋トレがダイエットには最も適している。体重を落とすとかじゃなくて、体脂肪を減らして、引き締めるって意味で。

顔が引き締まってスト値は上がった。僕は自分が太っていたことを自覚していたが、太っていることを自覚していない人もいる。

自分が太っているかどうかは厳しく見たほうが良い。腹がぽよってしていたら、絶対に筋トレをしたほうが良い。それもジムに通って。

バーベルスクワット、デッドリフト、ベンチプレス、懸垂。

これらをしっかりやったらマジで顔が引き締まる。

自信は後からつく

女性と電話してくださいってコンサル生に言うと、

『もっと自信がついてからでいいですか』って言われたことがあった。

この考え方は矛盾しかない。自信がないから行動しないといけないのに、自信がついてから?

何で自信をつけるの?っていう疑問しかなかった。

行動して初めて自信が付いてくることは自分自身が痛感した。

学校ではチンゲって呼ばれてたし自信なんて皆無。

けど、ちゃんと髪の毛セットして、眉毛も整えて、筋トレしてダイエットすれば、最初よりはかっこよくなれたし、自分を好きになれた。

自分に自信がないって人は、しっかり髪は整えましょう。

筋トレも忘れずに。

僕は最近忙しくて筋トレを怠っています(笑)

今すぐ、行動。美容院を予約しましょう。お金は惜しまずに。

自分のことを好きになる=恋愛活動のスタート

ここから僕は女性との会話を練習していったのだった。

ザーフリのプロフ

非モテのどん底時代を味わい

ネットナンパ、ストリートナンパをしつつ

恋愛コンサルタントとして活動中の大学生

日本一の田舎に住んでいるナンパ師です。

元いじめられっ子、コミュ障、こんな自分でもナンパできるようになった。

【対女性会話術公開中!】

ライン@はこちら

友だち追加

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在20歳。昔いじめられてた対人恐怖症。女性と会話できるようになってやっと一年ほど。田舎で出会い系、マッチングアプリを使いセフレを量産しております。たまにストナンもしています。 田舎民必見のネトナン即の方法をnoteにて販売中です!