なんで日記を書くとモテるようになるのかを解説してみた

どうも、ザーフリです。

僕は日記を推奨していて
なんでかって言うと

単純に、モテることに繋がるから。

です。

自己理解ができるようになると
他者理解ができるようになってきます。

人間の感情反応は基本的に同じなので
自分が感じたことは相手も感じる
だから自分の実体験として
他人の感情を理解しやすくなります。

とにかく自分が今感じてること、
思っていること、過去に考えたこと

そういった頭の中にあることを
ノートに書き出します。
アウトプットするわけですね。

自分の頭の中にあるものを吐き出す作業は
恋愛で女性に自分の価値観を
訴えかけたりする時にも役立つので
是非実践してみてください。

それでは始めていきましょう。

感じるだけで終わるな考えろ

なぜ?と自分が感じたことを
深ぼっていく作業をします。

ほとんどの人は、ただ思ったり、
感じているだけです。

考えていません。

・なんで自分が不快感を感じたのか
・なんで自分が嬉しかったのか
・どうしてあの子を好きになったのか
・なぜあんな思い切った行動を取ったのか

こうしたトピックに、なぜ?
をしっかりと問いかけていく癖をつけると
自分の価値観が明確になっていきます。

なんでそう思ったのか?
え、なんで?
どうしてなんだ!
ってね笑

出なくなるところまで
繰り返してほしいですが、
最低3回まではやってみてください。

『あ〜俺は愛情深い女の子が好きなんだな、そんで共に愛し合い愛情を循環させられる幸せな関係を作りたいんだ』

みたいな恋愛に対する
価値観が出てきたりするわけですね。

で、これを女性との会話で
『俺はこんな恋愛関係を作りたい!!』
ってのを過去のエピソードを交えて訴えかけて
共感させることができたらいいわけです。

恋愛に限らず、自分の中にある
価値観はしっかりと
把握しておいた方がいいです。
それを相手に訴えることが
とても大事なので。

悩んだら深掘りしてから作戦を考えろ

また、次の行動を考えるときや、
悩みを解決するときなんかは、

なぜ?という問いかけを自分にして
深掘りした後に、
じゃあこうするっていう
行動案を考えていかないといけません。

建物を建てるときに
地面に杭をうつイメージです。

なぜ?という質問は
下に展開していくイメージ。

じゃあどうするの?は 、
上方向に展開していくイメージ。

なので、まずは
なぜを繰り返して1つのトピックの
論理を下に固めていきます。

そして論理を固めた上で、
ではどうするべきなのか?
と考えていくのです。

転職をする際にどう考えるか?
というのを例にしてみましょう。

以下の図は、なぜ?を質問して
論理の地盤を固めずに
いきなり、『どうする?』
と上方向に思考したため
ダメな結果に終わった例です。

地盤をしっかりと固めずに、
なんか今の仕事嫌だなと感じて、
じゃあ転職だ!
と何も考えずに行動してはだめです。

あれ?またこの仕事嫌だなぁ。
あ、残業が多いから自分の
時間確保できないから嫌なのか・・・
うわーーーやらかしたーー。

と、ならないためにも、
まずは、なぜ?という問いかけを
しっかりと自分にすることです。

そして、そこから
『じゃあどうしていこうか?』
とかんがえていくわけです。

なんでそう感じているのか?
ってのを『なぜ』を
問いかけて深掘りましょう。

地盤をしっかり固めた上で、
具体的な行動プランを考えていくのです。

地盤がガタガタなところに
建物は建てられませんからね。

じゃあ、恋愛ではどうやって使うのか?

きったないですが僕が実際に
自分を深掘りした時のノートです。

『なぜ、自分は愛されないと思っていると感じるのか』

このテーマを深掘りして、
解決策を探しました。

愛されない不安がある

→これまでの傾向として最初は好かれるが最後は捨てられるってのが多かった

→自分から愛を与えれていなかった(伝えてなかった)

→どうして愛情を与えなかった?

→両親から愛されてないと感じたり、女性からきもがられていた過去があったから

→だから自分から何かしてあげる、愛するという価値がわからなかった

→やったことがないから怖いし、自分からアクションを起こして馬鹿にされるのが怖い

→だから相手から来るのを待っているのが安全だ、愛してくれるのを待っていた

なぜ?を繰り返すことで、
僕がどうして愛されないことに
不安を感じてるのかがわかってきました。

愛されたいし自分も好意を
相手に伝えたいけど、
それを否定されたり
気持ち悪がられるのでは?
という思いがあったから、

気のないふりをしたり、
追わせようとしていた。

ということが客観視できました。

はい、ここで理論が固まってきました。
ここで、『じゃあ、どうする?』
という風に考えていきます。

『愛されたかったら自分から愛せ』

自分から愛してみよう。
これによって愛情の循環が起こる。
というふうに行動していこう
と考えることができるようになりました。

深掘りしなかったら、

『なんで俺は愛されないんだ?!』

『きっと女と俺の相性が悪いだけだ、もっと別の女を探そう!!』

『あれ、何人あっても関係性が浅いぞ・・・孤独感を感じる』

『んんどうしたら心の底から繋がれる関係を構築できるんだぁぁあ!!』

『やっぱ俺はセンスがないのか!!!』

って自爆するわけです笑。

なので、しっかりと、
なんで?どうして?
って自分のしてること、
考えてることをしっかりと
考えてみてください。

ただ、感じたまんま
行動していてはダメですよ。

感じるだけじゃなくて、
なぜそのように感じたのかを考えるのです。

深掘りしましょう。

あ、ちなみに
自分への深掘りがうまくなると
女の子に対しても
深掘りできるようになるので
質問の質が上がって
深い関係になりやすくなりますからね。

そのためのトレーニングだと
思ってやってみてもいいですね。

自己理解を深めると
自分のことを相手に話す時も
迷わず言葉が出るようになるので
言語化の練習としても
是非やってみましょう。

さぁ、日記を書こう

今すぐ、ノートとペンを買ってきて

毎日、

・嬉しかったこと
・嫌だったこと
・理想の恋愛とは?
・俺の人生はどうすれば幸せになるんだ?
・これまで何に自分は真剣に取り組んできたのか?

なんでもいいです。
なにかとピックを決めて『なぜ』
と自分に繰り返す
習慣を作ってみてくださいね。

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は今彼女とセフレ4人に
囲まれて生活をしてます。

ですが、
もともとは女性恐怖症で
全く女性と会話できませんでした。

中学校で天然パーマでいじめられ
『ちんげ』と呼ばれ、
対人恐怖症になりました。

そんな僕でも恋愛を勉強して
自分のコンプレックスを受け入れて、
自分を好きになり人生を
豊かに生きれるようになりました。

どんな過去があっても
恋愛を学べば、女性関係はもちろん
男性同士のコミュニケーションも
円滑になります。

そうした経験から、
どんなに恋愛に自信がなくても、
正しい知識を得て勉強することで
誰だってモテる男に進化
できるということを確信しました。

現在、コンプレックスのせいで
恋愛に自信がない人たちを
一生女関係に苦しまない
『恋愛強者』に進化させるために、
1980円で販売しているAmazon書籍を
下記のリンクから
無料で手に入れれる キャンペーンを行っています。

→期間限定『マインドコントロール会話術』を無料で読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックして、チン毛と呼ばれていた対人恐怖症童貞がセフレを4人作った『2時間以内に”肉体関係を了承させる”マインドコントロール会話術』をを受け取る

>>詳細書が気になる方はコチラをクリック<<

 

Follow me!

期間限定無料【ザーフリ式非人道恋愛術】

⇒2時間以内に”肉体関係を了承させる”マインドコントロール会話術

恋愛初心者向けの7日間の無料メール講座を期間限定で公開中です。

4万字(PDF195ページ分)に渡って解説しています。

詳細は下記の画像をクリック!

無料ダウンロードはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です